​スタジオplus+の理念

 

スタジオplus+の役割 

スタジオplus+には、ひとりひとりに合った学びをサポートするスタッフがいます。

教室での学習経験を通して、子どものもつ学びの芽をどのように育んでいくのかを、保護者の方と共に考えていきます。

学びの主体者は常に子どもです。子どもが「自分はできるんだ!」そう思うことができることが、

私たちの役割のゴールです。

 

学校の教室での集団授業にうまくなじめない子どもたちや、

発達の特性により本来持つ力が発揮できていない子どもたち。

そんな子たちが自分らしい学び方を知って、

自信を持って生活できるようになるための場として、スタジオplus+は始まりました。

子どもたちが自信を持って生活するためには、適切な学習の機会を整えることが重要です。

そして、スタジオplus+の教室内だけでなく自分の生活の中でも、適切な学習の機会を作っていくことができるように、

保護者の方と連携をとりながら、支援をしていきます。

 

「自立した学習者」を目指して

 

スタジオplus+では、徐々に支援を減らしていきながら、子どもたちが自分自身の力で学びを深め、

広げていける「自立した学習者」となっていくことを目指しています。

 

自立した学習者となるには、周囲の支援を自分から得る力が必要です。

スタジオplus+では、子どもたちが自分自身の特性を知り、自己理解を深めていくサポートをしています。

そうすることで、「学校の学習ができること」だけでなく、

「わからない問題を教えてもらえるように、他者に働きかけること」の力を育成していきます。

 

また、スタジオplus+は、子どもの支援をするだけでなく、保護者一人ひとりとの対話も大切にし、

子どもにとって必要な力を一緒に考える子育てのパートナーでもあります。

支援を受ける福祉の環境に繋がり続けるのではなく、地域の中で生きていく力を身につけていけるように、

保護者のみなさまと一緒に、子どもたちの成長を、サポートしていきたいと思います。

 

社会や環境の変化が早い現代社会では、「自分にあった学び方で学びをつづけること」が重要です。

自分で助けを求めることや、必要な支援に自分からアクセスすることの力(セルフアドボカシースキル)の獲得が、

社会で自立していきていくことに繋がります。

勉強を教えてもらう場ではなく、自ら学び、社会へ出ていく練習をする環境として、

スタジオplus+を活用していただくことが大事だと感じています。