発達障害とは?

「発達障害」という言葉は最近よく知られていますが、障害の特性や本人の困り感、適切な対応の仕方については、正しく理解されていないことがよくあります。発達障害への誤解や偏見をなくすためにも基礎知識の理解が必要です。

 

■ 発達障害の定義

発達障害とは、子どもが発達していく過程で発見される行動や認知の障害です。身体の障害ではなく、また知的な発達の遅れを伴わないことも多いため、目に見える障害ではないということ、また個人によって特性が様々であるということが大きな特徴です。

そのため、本人が生きにくさを感じていたり、家族や周囲の人が苦慮しているケースも多いというのが現状です。

 

■どんな特徴がある?

個人によって様々な特性がある発達障害ですが、主に以下の3つの特徴が共通しています。

    (中枢神経系)の機能障害である。

    原因はさまざまであるが、乳幼児期に行動特性が現れる。

    行動特性は一般的な病気の症状のように進行していくわけではなく、

   本人の発達や周りからの適切な働きかけによって改善する。

 

■発達障害の子どもたちはどれくらいいる?

2002年に文部省(現在の文部科学省)が全国の公立小中学校を対象に行った実態調査により、通常学級に通っている児童・生徒の6.3%に、「知的な遅れはないものの、学習面や行動面で著しい困難を持つ子ども」がいることが報告されました。

6.3%とは、人数にして約68万人、1クラスの平均人数でいえば、2~3(40人学級)という割合です。

 

→発達障害の種類

→どんなときに気付く?

 

スタジオplus+では、無料相談を承っています。

お気軽にご相談ください。

スタジオplus+へのお問い合わせはこちら!